最果てのさーたー

辺境ローランによる帰国レポ&DQ10日記ときどきゲームレビューなんちゃって映画評論ブログ

スライムと真実を求めて

冥王を倒していざレンダーシアへ…

という矢先、
あのような事態になってしまって誠に申し訳ありませんでした

f:id:sartur-laurant-shk:20170924131541j:plain


よく分からないのですが、
あのムラサキ色のもう一人の僕は、
どうやら前世の人間の頃には既にこの身に宿っていたようで…

たぶんアレだと思います、
錬金ギャンブル好きの兄弟が変な目玉のついたあの…アレ…

千年アイテムを作ってしまってたのかもしれません←

それに触れて闇の人格が目覚めた的な展開があったのかもしれません←

…ハイ、詳しいことはよく分かりません←

ひとまず今は大人しくしてるようなので、また出てこないよう祈るばかり…

仲間たちのおかげでこうして元に戻ることができ、
改めてレンダーシアの勇者さまをおたずねすることにしましたっ

f:id:sartur-laurant-shk:20170918010057j:plain



なんでも魔勇者が言うには、
プラタンたちが辿りついたレンダーシアは、
大魔王てのが創ったニセモノの世界だったようで…

本物のレンダーシアを調査するようにお願いされちゃいました

あれ、これってフツー、勇者がやるんじゃないの?←

f:id:sartur-laurant-shk:20170924131601j:plain

「みつかっちゃった!」

道中、水車小屋を見つけました

いいなぁ、水車…
エテーネの村にもおっきなのがグルグル回ってたなぁ…

中に入ると水車の力で粉を挽けるようになってました!
これも故郷と同じだ!

うちにも欲しいなぁ…

*スラタン
「ぷるぷる…
 はたけのおやさい もうあきたよ…
 こなひきで おいしいパンが つくれるかな?」

f:id:sartur-laurant-shk:20170924131614j:plain


メルサンディ村で紙芝居を見ていたのですが…
ザンクローネのことが紙芝居になってる…!?

*ラペット
「そうそう、作り話じゃよ、ほっほっほ!」

うーん…
乗っ取られてても記憶はあるんだけどなぁ…

あの小さな英雄は確かに実在した…!

やっぱりレンダーシアは偽者と本物、それぞれ全く別物なんだと実感しました


驚いたのが、
よくよく内容を聞くと、登場人物に自分がいる…!!

うーん…
ここは未来? 過去の英雄談を紙芝居化??

でもアレは偽の世界なんだよなぁ…

うーん…


といいますか…なんですか…
Ver.2ってここからが本番なんでしょうか長いんでしょうか(゜▽゜





★出演

・さーたん/最後のエテーネ
やっと本編復帰したエテーネ難民村の村長?
内に秘められた邪悪な存在と仲良く共存中

・スラタン/仲間スライム
ツスクル村で出会ったぷるぷるスライム
雪山の修行で氷の力に目覚め、今日も世界を凍らせてゆく

●スラぷる!一覧ページはコチラをクリック● 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。

当該画像の転載・配布は禁止いたします