最果てのさーたー

辺境ローランによる帰国レポ&DQ10日記ときどきゲームレビューなんちゃって映画評論ブログ

魔王と英雄のスカウトアタック

皆さまこんにちは
エテーネ難民村のコンシェルジュ、プラタンです

家も直したことですし、
いよいよレンダーシアへ向けて、新たなる旅立ちです!

f:id:sartur-laurant-shk:20170904102849j:plain


とてつもない豪華客船…
緊張してあまり観てまわれませんでしたよ…

まさかココにも冥王の残党が紛れ込んでいたとは…

でも不思議な男の人が助けてくれましたよ

さーたんのことをご存知のようでしたが…
お知り合いなのでしょうか?


さて…
レンダーシアに着いてからどうしましょう…

コンシェルジュの私に
バトルの経験なんてありませんし…

どうすればアイツを止められるのでしょうか…


*???
「私に考えがあります…」

f:id:sartur-laurant-shk:20170904102908j:plain


ドルボードのゴータン!

び、びっくりしたよ…!
何か良い作戦があるんですか?

*ゴータン
「私が真の力を解放すれば、
 バトマスLV99やレンジャーLV99にだってなれます。
 LV70程度の旅魔王などひとひねりです…」

おい!!
ころしちゃダメですよ!!



     …一方、レンダーシアでは…



ザンクロー
「焼きあがれ! 魂が焦げるほどにッ!」

f:id:sartur-laurant-shk:20170904103059j:plain


*サータン
「ほう! これは凄い。
 なるほど確かに英雄と呼ばれるだけのことはありますね。
 驚きました凄い戦闘力です、部下にほしいくらいですよ」

*ラスカ
「あれ?
 ザンクローネ様どこ行っちゃったんだろ?」


*サータン
「おや…逃げられましたか。

 ほほほ…今なら我が軍の最高司令官にしてあげましたのに」

f:id:sartur-laurant-shk:20170904103115j:plain


*ミシュア
「最初から黒髪だべ? 人違いでねぇか?」


*サータン
「入れ替わる人間…摩り替わる記憶…

 どうやら…
 せっかく冥王が居なくなってくれたというのに、
 またやっかいなのが出しゃばってるようですね…

 ま、
 私は私の目的を果たすまでのことですが…

 オーホッホッホ!」





★出演

・プラタン/プライベートコンシェルジュ
みんな大好きイリマ先輩
Ver.2ではまもの使いとして活躍するとかしないとか

・ゴータン/ドルボード
ドワーフ古代文明が生んだ喋れる系乗り物
その気になれば歴戦のエルフに変身できるとかどうとか

・サータン/魔王?
主人公の体を乗っ取った邪悪な存在
真の力を取り戻すためにレンダーシアを駆け巡る

 

●スラぷる!一覧ページはコチラをクリック● 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。

当該画像の転載・配布は禁止いたします。