最果てのさーたー

辺境ローランによる帰国レポ&DQ10日記ときどきゲームレビューなんちゃって映画評論ブログ

魔王と勇者の決戦

皆さまこんにちは
エテーネ難民村のコンシェルジュ、プラタンです

ついに追いついた魔王サータンは、なんと体を二つに別けてしまいました!
結果的にさーたんを助け出すことに成功したものの、
アイツは不敵な笑みを浮かべて洞窟の奥へ進んで行きました…

私たちは、
一旦、外で体勢を立て直すことにしました…

f:id:sartur-laurant-shk:20170913155412j:plain

*スラタン
「まちがいないよ!
 このかんじは さーたんだよ!
 ぼくにはわかる!」


それにしても人間さーたんの姿…
なんか私より色黒じゃないですか!!

*レゴーム神父
「ほう…
 どうやったのか知らんが、
 信じられん程の力を身につけているな」


そりゃそうですよ、
5大陸の猛者達をスラタンとのコンビで制覇してきたんですからね!

*スラタン
「プルプルッ!
 ぼく よわいスライムじゃないよ!」


*レゴーム神父
「だがそれだけに惜しいな…
 分離せず元のままでいたのなら、勇者など敵ではなかっただろうに」



・・・え?


せ、
正義の勇者さまがやっつけてくれるんでしょう!?
願ったり叶ったりじゃないですか!

*レゴーム神父
「正義の勇者か・・・」



f:id:sartur-laurant-shk:20170913155428j:plain

*アンルシア
「グハハハハ!
 どうした自称魔王よ!
 ベルムドを打ち破った貴様の力、その程度か!」

*サータン
「さすがは勇者といったところでしょうか…
 やはり体を分離したのはまずかったようですね…」

*ニータン
「サ、サータンさま!」

*サータン
「下がっていなさいニータンさん、
 このおバカさんは私がとどめを刺します」

f:id:sartur-laurant-shk:20170913155441j:plain

*サータン
「魔障に囲まれたレンダーシア大陸を見て嫌な予感がしましてね…
 念のため、突入前にレンダーシア外で
 失われた半身の一つの封印を解いていたんですよ…

 新たな形態へ変身することで、
 私のパワーは遥かに増してゆくのです!」

*アンルシア
「な、なんだと?」

*サータン
「ホッホッホ…
 あなたの部下の魔創兵たちは
 変身せずとも片付けてしまいましたがね」

*アンルシア
「チッ…いい気になるなよ
 魔創兵どもが束になったところでこの私の力は更に上だ!」



    ・・・ゴゴゴゴゴ・・・



*サータン
「光栄に思いなさい!
 この時代でこの姿を拝むのは、貴様が始めてだ!」



       《カッ》




*???
「私は腕…
 全てを破壊し滅ぼす、腕…


 目覚めよ…
 創造神の心より切り捨てられた力よ…


 我ら封印されし半身たちは、皆同じ存在…


 我らが名…


 封印される前の名は…


f:id:sartur-laurant-shk:20170913155502j:plain

「グランゼニス……」







★出演

・プラタン/プライベートコンシェルジュ
みんな大好きイリマ先輩
Ver.2ではまもの使いとして活躍するのは気のせいでした!

・スラタン/仲間スライム
ツスクル村でで出会ったぷるぷるスライム
雪山の修行で氷の力に目覚め、今日も世界を凍らせてゆく

・アンルシア/勇者?
グランゼドーラの王女にして勇者
怪物の姿となってサータンと対峙しているが…?

・サータン/魔王?
主人公の体を乗っ取った邪悪な存在
遂に一つ目の変身を果たし、勇者姫との決戦に挑む…!

 

●スラぷる!一覧ページはコチラをクリック● 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。

当該画像の転載・配布は禁止いたします。