スライムとプラコンと教団の真意

無事にフウラちゃんをお助けしたかと思ったら、
ヒューザさんのまさかの裏切り!?

ここぞとばかりに変身したウェータンの圧倒的な美しさによって(自主規制)
なんとか退けたものの、
ヒューザはナドラガ教団の者たちと共に勇者さまを誘拐していったのだった!

f:id:sartur-laurant-shk:20180721174105j:plain


…もう元に戻るの?

*ウェータン
「あの姿になると今ほどやさしくはないぞ…

 世界中に笑顔のナカマたちを増やすまで、そのパレードは止まらない」


そ、それはこわいですね


街の地上でヒューザたちを追い詰めると、
黒いフードをかぶった怪しいヤツが現れた!

*???
「愚かな…まだ気が付かぬか
 ヒューザとフウラは、真の竜族解放のための尖兵となったのだ」


な、なんだって!?
どうやらコイツに操られていたらしい…

そして彼が徐にフードを脱ぐと、そこにいるのは…

ナダイア神官長!?


*ナダイア
「ふっ、
 クロウズの予知能力を持ってしても、我が正体を見破れなかったか…
 そうだ、貴様らには何も出来ぬのだ!

 神の器を贄とし、我が神が肉体を得て現世へと再臨する…
 貴様達に出来ることなど何もない!
 ここで大人しく我が神の救済を受け入れるがいい!」


…そう言い残すと、
ナダイアは勇者さまもろとも、闇に消えてしまった…

神の器をイケニエに…って、
手駒にしたヒューザさん含めて、皆の危機じゃないか…!

そういえば闇の領界で会ったマイユさんも、
最終的にナダイアの手引きで教団のもとへ…すべて計算してたのか!

時を同じくして、
嵐の領界の聖塔にも、教団の「魔の手」が迫っているとの情報が

今まで「苦しむ竜族のため」と思って繋げてきた領界のゲートが、
なんだか不穏な展開になってきてしまいました…

f:id:sartur-laurant-shk:20180721174127j:plain

*クロウズ
「すべての領界がつながりしとき、
 ナドラガ神復活の地、神虚ナドラグラムが現れる…

 教団に潜入した際、見つけた文献に書かれていた一文です」


一方的に竜族をワルモノにしたくはないんだけど…
皆がイケニエにされると聞いては、話が変わってきます

すべての領界が繋がれば、ナドラガ神復活と共にみなの命が…!

*ウェータン
「ふん、
 ヒューザのヤツは助けなくて良いと思うな」


それは違うよウェータン!

操られていたとはいえ、僕たちに牙をむいたその代償…

イシャリョウセイキュウしてやるんだよ!!

*キータン
《主人公にあるまじき発言である》


今までとは違い、
ゲートを開かせないため、塔へ挑むのでした…

f:id:sartur-laurant-shk:20180721174143j:plain


嵐の領界はまさに浮遊大陸ナドラガンドといったところ…

澄み渡る青い空、
塔を包み込む渦巻く雲は、どこぞの天空の城のよう…

あの雲、絶対中にラピュタあるネ!!

f:id:sartur-laurant-shk:20180721174204j:plain


教団は一足先に進んでしまったらしい…急がなきゃ!

*スラタン
「ぷるぷる…
 番人さんたち いままでごめんね」


頂上に昇ると、
教団側が札から魔物を召還して、嵐の番人と戦っていた!

どこかで見覚えある光景と思ったら、
前に5大陸で神の器を誘拐してた竜将アンテロの召還獣…!

なるほど、
アンテロの着ていた白ローブ、
ナダイアの黒ローブと色違いだったんだ…

天地雷鳴士とは似て非なる召還使いだったのか二人とも
そしてこの召還獣がドラゴン系というのがストレートすぎる…

三つ巴のバトルという斬新な展開は驚かされました、
あえてこちらから積極的にいかずに共倒れを狙うのも良さそうですね!

*キータン
《主人公にあるまじき発言である》


なんとか三つ巴を制したものの、
召還獣が最後の力を振り絞ってこちらへ特攻!

塔の頂上から突き落とされここまでかというところ、
竜化したエステラさんが身を挺して助けてくれたのでした…

し、信じてたよエステラさん!





★出演

・さーたん/最後のエテーネ
大魔王を打ち破った導きの英雄
内に秘められた邪悪な存在と仲良く共存中

・スラタン/仲間スライム
ツスクル村で出会ったぷるぷるスライム
合衆国エテーネに君臨する、皆のマスコット?

・ウェータン/プライベートコンシェルジュ
邪悪なるサータンの腹心
記憶喪失で彷徨っていたところスカウトされ、その正体は謎

★声の出演…仲間ドラキー/キータン○田がお送りしました★

●スラぷる!一覧ページはコチラをクリック● 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。

当該画像の転載・配布は禁止いたします