スライムと最後の時

f:id:sartur-laurant-shk:20181202185627j:plain

 


お久しぶりです、表さーたんです

*スラタン
「じぶんで いうんだね」


実は黒幕だった総主教に刺されて…
勇者さま達のおかげでなんとか復活できたけど…
眠っていた間、もう一人のボクがカタキをとってたみたいね


今、
僕たちはナドラガの体内にいる…

神であるナドラガを倒すには、
体内で心臓にダイレクトアタックするしかないらしい…

神獣たちも勢揃いして、
外では皆が必死に足止めしてくれている…!

われわれ潜入班が竜神の体内をくまなく捜索していると…

光に象られた影が現れ、僕たちに語りかけてきた…

 


《最後の決戦の時…
 私は五神の全霊を宿した剣でナドラガの身を切り裂いた
 そしてナドラガンドを断罪の虚空に送り封じ込めたのだ》

 

f:id:sartur-laurant-shk:20181202185757j:plain


《すべてのチカラを使い果たした私は、永き眠りにつくこととなった

 私は、勇気の神グランゼニス
 いつでも見守っているよ、さーたん…》

 


…それは、
かつてナドラガを切り裂いたグランゼニスの剣が見せた、幻だったのか…
今ではもう分からない

不思議な声にいざなわれて、
僕たちはナドラガの心臓部まで辿り着いたのであった…!



「六神の加護に守られているとは、目ざわりな光よ…」

 

f:id:sartur-laurant-shk:20181202185821j:plain

*ナドラガ
「悠久の時を超えた憎しみ…
 弟どもを八つ裂きにして刻もうとも!
 アストルティアを焼き払おうとも消えぬ!!」


ナドラガの中にまたナドラガが!?

さすがは神の体内か…

つまりコイツはナドラガの白血球なのか!!?


*ナドラガ
「嗚呼…憎い

 ニクイニクイニクイ!!

 六神のチカラごと…
 アストルティアもナドラガンドも滅ぼしてやろうぞ!!」

 

f:id:sartur-laurant-shk:20181202185845j:plain

     \グォォオオオオ!!/

 

瞬いた刹那…

怒りと憎しみに燃えた熱線が、ヤツの口から放たれた…


おそい…


もう…


だめだ…

 

*スラタン
「あぶない さーたん!」

 

     \ドンッ/

 

f:id:sartur-laurant-shk:20181202185919j:plain


…スラタン?

 


スラタァァァァァァアアアン!!!

 



●スラぷる!一覧ページはコチラをクリック● 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。

当該画像の転載・配布は禁止いたします